人気ブログランキング |

Big T News

bigtusa.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:格闘技( 12 )


2011年 02月 09日

小見川選手

 UFC126のPPVが始まる1時間前からSpikeTVで前座の試合を放送していました。
その中の1試合が小見川選手の試合でした。

レフリー全員が30対27の判定負けでした。

一言、、、、がっかりでした。

やっぱりUFCの選手のレベルが相当上なのかなー?

それにしてもパンチにしてもタックルにしても先に出されてしまって
なにもできない状態でした。

ジャブでも何でもいいから自分から先に出さないと向こうのペースになっちゃうのになー。

レスリングのトップだった選手らしいので、タックル警戒していたのかなー?

山本Kidも負けたみたいだし。

総合格闘技では、日本人選手にはあまり期待しないほうがよさそうです。。。



                           Big T

by bigtusa-s97 | 2011-02-09 01:20 | 格闘技
2010年 12月 31日

Dynamite 勇気のチカラ2010

今年も恒例のNew Year's Eveに 格闘技祭りDynamiteがありますね。

でも あまりBig Tが見たいカードがありませんでした。。。

それに何でこんな試合するの?みたいなカードもいくつか。。。

1)
青木 真也 VS 長島☆自演乙☆雄一郎

いまさらなんでこんな異種格闘技みたいな試合をする必要があるのでしょうか?
今は、総合格闘技っていうスポーツが確立されてきているのに。。。
昭和の猪木の時代とは違うわけで。。
まったくわくわくいたしません。。。

2)
石井 慧 VS ジェロム・レ・バンナ

これがK-1ルールなら見てもいいんですが、DreamのMMAルールです。
バンナは、MMAの練習なんかしてないと思いますし、
昔 プロレスラーの安田選手とMMAルールで戦ってます。。。

つまらない。。
K-1で試合がしたい、なんて言ってた石井。。。
ビビッたんですかね?
そのぐらいのリスクのある試合をすれば(K-1で)、負けても
もっと人気でると思うんだけどなー。。。

そんなこといいつつも、とりあえずみたいと思ってはいますが。。。

それよりも、来年山本Kid と吉田道場の小見川がUFCに挑戦します。
山本Kidは、全盛期の復活がないと難しいかなー。。
小見川選手はボクシングがうまいので、結構期待しています。

では。

Big T

by bigtusa-s97 | 2010-12-31 06:26 | 格闘技
2010年 08月 26日

Karate

Little Tですが、今Karateを習ってます。

もう2シーズン目のようで、今日昇級試験を受けたみたいです。
ちなみに受かって黄色帯をもらって来ました。
Big Tは、忙しくって見に行けなかったんですが、
帰宅後、Little Tが昇級試験の型を見せてくれました。
けっこうさまになってました。。。

うれしくて、ちょっと涙ぐんじゃいました。。。

10月に試合があって出るみたいです。
べつに親バカ、そして熱が入りすぎで勝て勝てなんていう
気持ちはまるっきりないです。

どんな試合をするのかなーなんて興味はありますが。。。

Big T

by bigtusa-s97 | 2010-08-26 16:28 | 格闘技
2010年 03月 03日

青木真也選手がストライクフォースライト級王座に挑戦

 Dream ライト級チャンピオン青木真也が、アメリカの格闘技団体ストライクフォースの
ライト級王座に挑戦だそうです。

サプライズがない限り問題なく勝てると思います。4月17日にCBSで地上波中継があるそうです。

そういえば、五味選手のUFCデビューもSpikeTVで放送されます。3月末だったと思います。
ちなみに五味選手は、あまり期待していません。もうハングリーじゃないんで。

まあでも両選手共にがんばってほしいです。

Big T

by bigtusa-s97 | 2010-03-03 16:47 | 格闘技
2009年 11月 09日

ヒョードル TKO勝ち

 ストライクフォースのイベントが全米3大ネット地上波CBSにより中継されました。
それも午後8時(Central Time)から。
もうBig Tは、ワクワクものでした。

Dreamミドル級ベルトを返上し、先日Strikeforce世界ライトヘビー級チャンピオンになった
ゲガール・ムサシもノンタイトル戦で登場。
いやーそれにしてもムサシは強いです。
パウンドフォーパウンドは、ヒョードル 、GSP、アンデウソン・シウバでは。。なんて言われてますが、
もしかしたらムサシが1番かも。。。
これからもDream(出てくれるのかな?)ストライクフォースでの彼の試合に注目です。

メインイベントはヒョードル!!
彼は180センチぐらいしかないんですよねー。
それで背が高い体重が重い相手、ということはリーチも長いわけで、
と戦って勝つのですからすごいです。

今回は立ち上がりにジャブをもらって鼻から出血。
出血しやすいかも。。。
その後1ラウンド後半、ガードポジションの時に不意をつかれて
パウンド数発もらって鼻の上を切ってしまい大量の出血。

ちょっとハラハラドキドキしてしまいました。
2Rに入り右ストレート一発で相手がダウン。
ダウンした相手にフォローのパンチを顔面に1,2発
当てたところでレフリーが試合を止めて、TKO勝ち。

会場はすっごく盛り上がっていました。ロシア人がいっぱい見に来たんでしょうか?
地元(シカゴ)出身の相手よりも声援があったような??

それにしてもゴールデンタイムの格闘技なんて大晦日を除けばほとんど
ないわけで、興奮ものです。
久しぶりに有意義な土曜の夜を過ごせました。

そうそう こないだ松井のニューヨークヤンキースがWシリーズに勝って、
松井がWシリーズMVP。。。すごかったー。結構感動してしまいました。

最近スポーツ三昧(テレビ観戦のみですが。。)
やっぱスポーツってなくてはならないものですよね。。。

音楽情報:
昨日Now32って言うCDを買ってしまいました。
Nowは、ヒット曲を集めたCDです。
イチオシは、Jay Sean Featuring Lil WayneのDownです。
Black Eyed Beas のI Gotta Feelingもよい曲です。
ちなみにこの曲は、Little Tのお気に入りです。

by bigtusa-s97 | 2009-11-09 02:53 | 格闘技
2009年 10月 26日

Dream12

 桜庭選手が勝ちました。でもあれまずいんじゃない?
へたすると脳に大ダメージ残しちゃいます。。。
Youtubeかなんかの動画でしかみてないんでなんとも言えませんが、
最後に膝十字でギプアップ奪ったんですが、その前に何十発もパンチを頭にもらっていました。

その時点で危険とみなして桜庭選手のTKOでもおかしくないんですよね。。。
前にも同じようなことがあったような。。。

UFCだったら絶対TKOで止められていると思います。

うーん。大逆転の桜庭選手の勝利には、拍手を送りたいんですが、
選手の安全を考えた場合まずいかなーと。。。。

nikkansports.comのニュースで脳に問題ないって出てましたのでほっとしましたが。。。

Big T

10//26/2009
HDNetで放送された試合を友達が録画してくれたんですが、それを今日見ました。
試合終了後にほかのカメラからの角度で膝十字が決まるまでの状況を映していました。
桜庭選手、頭の位置を変えたり腕で何とか防御してましたねー。すばらしい。
ギリギリだとは思いますが、お見事ということで。。。

by bigtusa-s97 | 2009-10-26 14:55 | 格闘技
2007年 05月 28日

新UFC ライトヘビー級王者

 昨日UFC71がPPVであったようです。
UFCは、メインイベント以外がPRIDEと違い
あまり知られてない人ばっかなので、40ドル近く
出して見る価値あるかなーって感じなので見ませんでした。
っていうか、今お金ないので見られなかったって
いったほうが正解でしょうか。。。とほほ。。。。

UFCに移籍した、元PRIDEミドル級のトップファイター
クイントン・“ランペイジ”・ジャクソンが昨晩
UFCライトヘビー級王者チャック・リデルに挑戦し、
わずか1ラウンド1分53秒でのTKO勝利にて新チャンピオンに
なったそうです。

ジャクソンは、PRIDE時代PRIDEミドル級チャンピオン ヴァンダレイ・シウバ
の牙城を崩すことができなかったのですが、今回念願のタイトル獲得。
ジャクソン ファンのBigTとしては、すっごくうれしい結果となりました。

今回リデルは、過去に負けたことのある3人の相手へのリベンジということで
最後の1人であるジャクソンと戦ったわけです。
(他の二人は、ランディー・クートゥアとジェレミー・ホーンで、いずれも
リベンジ成功しています。)
ジャクソンには、PRIDEミドル級グランプリ準決勝で負けていたのです。
しかしながら、今回リベンジ失敗。。。でも復活再戦が近いうちにあるかも。。。

もともとPRIDEが一番と思っている私としては、元PRIDEファイターが
活躍してくれるとすっごく嬉しいのでありました。

by bigtusa-s97 | 2007-05-28 01:10 | 格闘技
2007年 04月 22日

ミルコKO負け。。。

 今回のUFC70は、PPVじゃなくはじめてTVで放送されました。
そのメインイベントにミルコ クロコップが登場。UFC移籍後第二戦目です。
これに勝てばUFCヘビー級チャンピオンシップに挑戦できるってことでした。

楽勝かと思ったら、ミドルキックをキャッチされテイクダウンされちゃいました。
UFCはヒジが使えるので結構もらって出血。膠着があったので、
(私はそうわ思わなかったですが。解説もなぜとかいってましたが。。)
レフェリーがストップかけて両者を立ち上がらせたんですが、
もうろうとしていたのでしょう、
ミルコのお株を奪うようなハイキックでKOされちゃいました。。。

うーん。以前ケビン ランデルマンにKO負けしたときのフラッシュバック
って感じでした。。。
ミルコ自身楽勝だと思っていたんでしょう。ミルコの悪い癖ですかねー。

また一から出直しですかねー。ミルコはすんなり頂点に登れない
運命なんでしょうか?
でもPrideの時も這い上がってきたので大丈夫でしょ。
それにしても、Prideファンとしては衝撃の一瞬でした。。。

補足(4月23日):
今思うと入場からなんとなく変な雰囲気、ミルコ自身やる気なさそうな。。。
何だったのかなー???。。。。

by bigtusa-s97 | 2007-04-22 13:32 | 格闘技
2006年 08月 09日

DVD観戦終了。。

 亀田選手の世界戦と総合格闘技Hero'sの試合見終わりました。

亀田選手は、思っていたほど大差はついてなかったので、
なぜあれほどバッシングが出たのかが逆に疑問です。
2,3ポイント負けていたと思いいますが、地元判定でも許せる
範囲内のような気がしました。ボディーブローもよく入っていたし、
相手の手数と亀田選手のパワーの有効打でジャッジが割れても
おかしくない範囲のような気がしました。
1回以降から中盤は、ほんと良く盛り返しました。
でもまあ、あれだけ世間でとやかく言われているのだったら、
再戦してきっちり決着つけたほうがよいでしょう。
(でも、再戦したら正直勝てないか???)
オリンピックの柔道じゃないけど
(昔 篠原選手が内股すかしかなにかを仕掛けたのですが
逆に技ありか何か取られて負けちゃいましたよねー)
判定は覆せないので、今 亀田選手は世界チャンピオンです。
ちょっと歯がゆいですが、認めていいんじゃないかなー。
ですが、これからの一戦一戦が大事ですね。
結構Big Tは、肯定的なんですよねーあの親子に対して。
若いんでもっと練習してがんばってほしいです。

ちなみにTBSの解説に、鬼塚氏がいましたねー。
彼の試合に比べたら、亀田選手の試合はぜんぜん
よかったですよ。。。

それよりも、Hero'sの桜庭選手の試合、あのレフェリング
はなんでしょうか?ロープ越しに頭がリングから出た状態で
桜庭選手が殴られ続けていました。桜庭選手は意識
失っていましたから、そこで試合ストップですよ。マジ。
レフェリーはストップどころか、ドントムーブで
リング内に入れて試合再開ですから。。。
前田日明が怒るの無理ありません。
桜庭選手は、グレーシー狩りをしていた頃が全盛でその後
シウバに負けてから結構ボコボコに殴られた試合が何回
もあります。なんかすでにドランカーっぽいんですが。。。
ちょっと心配です。

by bigtusa-s97 | 2006-08-09 15:14 | 格闘技
2006年 07月 19日

アレクシス アルゲリョ

 「マイアミ バイス」の話をした時にちょっと出てきたアレクシス アルゲリョ について
話したいと思います。それと、日本のボクサーについても。
アレクシス アルゲリョ _a0080442_3274916.jpg
アレクシス アルゲリョ の凄いところは、
パンチのコンビネーションに必ずボディーを
入れるところにあります。要は、顔面へパンチ
を打って顔面のガードが固くなったところで、
ボディー。(彼はボディーブローでKO勝ち
何回もしているんじゃないかなー?)
ボディーを打って、顔面のガードが
落ちてきたところに再度顔面へ。
定石のコンビネーションなんですが、
彼のものはうならせました。
彼は、3階級制覇をした後(今でいう、フェザー級、スーパーフェザー級、ライト級だと
思います。)スーパーライト級に挑戦して史上初の4階級制覇を目指しました。
ここでまたアレクシス アルゲリョ の凄いところは、そのとき最強のWBAスーパーライト
級王者、アーロン プライアーに挑戦したってことです。結局2度挑戦しましたがKO負け
(だったと思います。)で、夢は達成できませんでした。
現在6階級制覇のオスカー デラ ホーヤは、前にも話しましたが、世界タイトルが4つある
時代(WBC,WBA,IBF,WBO)にWBOから始まってますからねー。
ほかには私の大好きなシュガー レイ レナードも初の5階級制覇を成し遂げましたが、
彼の場合は、もっと首をかしげたくなるような5階級達成でした。レナードは、WBCの新設
スーパーミドル級タイトル決定戦で、減量させてスーパーミドルの体重になった
その当時のライトヘビー級王者と戦ったんですよ。そして勝ったほうがスーパーミドル級
とライトヘビー級両方のチャンピオンベルトがもらえるってルールになってて、レナードが
勝って五階級制覇でしたから。。。
もう一人トーマス ハーンズもWBOの新設スーパーミドル級の決定戦に勝って5階級
だったと思います。
アレクシス アルゲリョ が当時の他団体(WBC)チャンピオンに挑戦していたら勝って
いたでしょう。(当時もそういわれていました。)
そういう意味では、アルゲリョは、4階級制覇は成せませんでしたが記録よりも光っている
ボクサーだったと思います。

 そうそう、ファイティング原田氏は、当時1つしかなかった世界チャンピオンをフライ級、
バンタム級で獲得して、地元判定さえなければフェザー級も獲得して3階級制覇の
偉大な記録を作るところだったんですよー。
WBCは、試合結果は覆せないけど、地元判定があからさまってことで、
後にファイティング原田氏を表彰しているんですよねー。
今は、ボクシング協会の会長職や、ボクシングのテレビ中継の解説とかで見かけると
思いますが、すっごい人だってこと覚えておいてください。
 そうそう、ガッツ石松氏もすっごい人なんですよー。彼はWBCライト級のチャンピオン
だったんですから。。現在スーパーをつけて正規の階級の間に1つづつ階級を増やし
ています。結局ボクシングもビジネスなんでチャンピオンを増やして興行を増やしお金
を儲けたいってのが本音で、スーパー階級を増設したわけです。ですから今でも
正規階級の思い入れは強く、それも中量級のライト級チャンピオンだったんです
から。。。。彼は。。。これも凄いことです。
後に、畑山氏もWBAライト級チャンピオンになってますが。。。
ちなみに辰吉選手がバンタム級にこだわったのは正規の階級だったからだと思います。
 最後にもう一人忘れてはならないのが、竹原慎二氏。彼は、WBAミドル級チャンピオンに
なったんですよー。正規階級それも重量級です。すっごいことなんですよー。
世界戦の際、チャンピオンがおなかの肉がダボついたままのコンディションだったんで、
勝って当然だったのですが。。。。 
きっと東洋人との防衛戦をなめていたのでしょう。竹原氏が勝った時、
「ざまあみろ!!」って感じでした。その後竹原氏、強豪ひしめくミドル級ですから、初防衛戦
でKO負けでした。でもチャンピオンになったことは確かなので、私は評価しています。

 そうそう来月早々亀田選手の世界決定戦がありますねー。
具志堅氏が批判しているらしいんですが、どんなもんでしょうか?

by bigtusa-s97 | 2006-07-19 03:30 | 格闘技